スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

固まってきました。

先日ご紹介した本命君がだいぶ固まってきましたので少しだけご紹介いたします。

画像 049blog

画像 062blog

この2枚は羽化後5日位経ったときに撮った写真です。

下2枚が最近の写真です。

画像 074bolog

画像 081blog

実は約1cm位の中度の羽パカでしたが現在矯正中です。昨日張ってあるテープをはずしてみましたら、ほぼ完璧に閉じていましたが、あと少しだけ隙間があったので再度テーピングしました。

もう少しで綺麗に閉じると思います。全体像はもう少し待ってくださいね。綺麗な姿をお見せしたいので!

ここで、久々に私の飼育法

羽パカ矯正編 をご紹介したいと思います。

1年ぶり位に私の飼育法をカキコするので、知らない人も多いでしょうね(笑)
たまには身のある内容にしないと・・・・。

皆さんもやられているかも知れませんが、羽パカはある程度治ります。
今回のような1~2cmの中度の羽パカ程度でした十分に治る可能性はあります。

まず用意するもの
ピンセット
テープ
はさみ

以上

 
1.私の場合羽化24時間後位に手術を敢行します。羽が完全に茶色なる前でしたらもう少し後(2~3日後)でも構わないと思います。ここはあえて思い切りが大切です。できる限り広いテーブルで落としたりしないところで行ってください。(落としたら終わりです)

2.羽の状態を確認してください。羽が伸びきらない縮れた状態は(重度の不全)できません。少しテープで止めて何とか死亡を食い止めることができるかどうかの程度です。

3. テープのチョイスですが、私は100均でピップエレキバンの替えテープ(丸型)を買ってきて使用しています。さまざまなテープを使ってみましたが、ズバリこれが一番良いように思います。(内緒ですよ)

4.まず、テープを軽く尻の部分にあてて、できる限り尻の形状と同じ状態のカーブでテープを切ってください。この場合エレキバン替えテープの3分の1くらいを使用します。
この尻の形状と同じところが非常に大事ですので、頑張って切ってください。

5.さあここからが勝負です。個体を少し持ち上げておなかを少し下に下げさせます。そして上翅を何とか羽の先端から閉じさせます。お腹を下げささないと大体の場合羽が閉じません。羽パカはお腹の大きな個体ほど起こりやすいのです。(羽化時にうまく水分を多く排出できていない or お腹に脂肪がつきすぎ)

6.羽の先端が閉じたらすかさず先ほどのシールをお尻の形通り貼ります。ピンセットで持たないと手について厄介です。

7.次に残ったシール3分の2位を細く切ります。(3mm位)

8.先端から少し胴体よりの羽の部分の形を整えながら、隙間が開かないように引っ張るような感じで
横に張っていきます。

9.これを3枚くらい、一番胴体に近い部分まで張っていきます。

10.これで出来上がりです。はがれて隙間が開いてきたら、直ぐに新しいものを張って再度矯正してください。

11.あとは様子を見ながら1ヶ月~3ヶ月くらいしたら、少しづつ外していってください。

12.上翅さえ閉まれば、内翅はテーピング1時間後くらいには綺麗にたたまれて閉じている場合がほとんどです。

13、内翅が閉まらないからといって内翅を切ったりするのはできるだけ避けてください。内翅を切ってもしばらくは生きているのですが感染症などからか1ヶ月後などに死亡することがよくあります。こっちのほうが死亡率が高いです。

ポイントは尻先の部分はできるだけ同じ形状にして全体を張ってしまうような感じがいいですね。
上のほうは少し細めにして引っ張るように(体とは垂直に)横にはり羽を閉じさすような感じ張ってください。




これはあくまで私の矯正法です。ただし、羽化後間もなく触るのは非常にリスクが高いです。
死亡する可能性は多分にありますので、その辺はご理解くださいね。
例によって、これを実践して大事な個体が死亡しても一切責任は負いませんので(笑)

それでは良いクワライフを!!

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

阿古谷の森さん、こんばんは、ジョージです。

先日は大変お世話になりました・・・・・・

それにしても凄まじい固体ですね! 間近で見たらマジでビビリそうです。治療後の姿楽しみにしています。修正術も大変参考になりました。でも私は不器用なので出来そうも無いですが (笑)

これからも楽しみに拝見させていただきます。

ジョージさん

こんにちは、早速コメありがとうございます。
いやいやジョージさんのところの個体には驚かされますよ。
全体像ですね。了解いたしました。

またアップします。

矯正できますよ。(^_^)v
コツを掴めば大丈夫です。
個体には可哀想ですが、ショボで練習したてみたらどうですか?

なんと!

阿古谷の森さん こんばんは。
いや~ 凄まじいですね!! カッコ良過ぎです!
実際の個体はもっと凄いんでしょうねー!
ここまで、表現力のある個体は、そうそう見れるもんではないですね。
可能性を知る事ができ、モチベーションあがりました(笑)
しかし、これほどの個体を羽パカ程度で済ませた、飼育テクニックがとにかく凄いです!
また、羽パカ矯正をわかりやすく説明されていて参考になりました。^^

GLAMOUROUS

GLAMOUROUSさん

こんにちは、コメありがとうございます。
お褒めのお言葉ありがとうございます。

もともとこの個体は綺麗なサナギだたので
カンピン羽化できると思っていたのですが・・・・。

技術なんてありませんよ。あえて言うなら人口蛹室の形には
拘りましたけどね。
どうしても頭が重いので、体が回転しやすい形をオアシスで掘って結局納得するまで3個作りました。 しかし、羽パカ??どうして??って感じです(笑)
プロフィール

Author:阿古谷の森
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。