スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆森田方 玉砕される!

当方期待の幼虫が、蛹化24日を迎えボトルを確認する事にしました。
JokerXの期待の幼虫で、露天の誘惑に駆られながら、24日間耐えに耐えてました。

蛹化2日前から、冷やし中家を30度に設定し超高温で蛹化~羽化までを過ごしました。
いわゆる「逆森田作戦」!!
結果は・・・・・。












見事! 玉砕!
重度の羽化不全で文字通り 虫の息 (泣)
24g~25g級の幼虫で、サイズは75mm前後ですが、
頭部以外は、見れた状態ではありませんので
頭部のみの画像で失礼します。

RIMG0045-blog.jpg


今までの最短顎、もの凄く短い!

RIMG0038-blog.jpg


RIMG0044-blog.jpg


厚みはバッチリ!

RIMG0036-blog.jpg


うーん惜しい固体ですが、2~3日後には、★になりそうです。

やはり逆森田はリスクが高いのですかね。でも顎痩せは今回なかったのかなと思います。
結果を考えるにはもう少し実験の継続が必要かなと思います。
しかしながら相当の根性も必要ですね。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

こんばんは~

先日はありがとうございました~^^

しかし、ゴッツイ個体ですね~

顎なんかパンパンじゃないですか~^_^;

逆森田頑張ってくださいね^^

自分もこんな顎の個体を早く作出できるように頑張ります^^¥

では、またお邪魔しますね~^^

それにしても

JokerXの底力と言うか 内歯から 顎に掛けての厚み幅は 凄い遺伝レベルですね(^.^)

今回は 羽化不全で残念ですが・・・ 

家は 早期で羽化個体が出てきましたが やはり羽パカで(>_<)
管理温度20度ちょいなんですが(汗) これは早期が原因かな?

残念でしたね

こんばんわぁ
今回の例は、どうなんでしょうね・・・
75ミリくらいでそれだけ顎も太い・厚い個体だと
通常飼育でもパカが多いですよね・・・
判断難しいところですね。
私も今期採れの幼虫で少し試してみますので
みんなで試してみれば、いろいろわかってくることも
あるでしょうね。

しかし・・・Xラインは、爆発ラインですね。

tiger328さん

こんにちは、毎度です。このような固体ばかりでしたら、良いのですけどねえ。ただ今年は有る程度の手応えは感じておりますので、種親級もそのうち出てくると思います。
お互いがんばりましょう!v-10

阿古屋さん

Joker系はいいですね。ハズレが出にくいと思います。
昨年からさほど羽化不全にならなかったのですが・・・・・。

久々にやっちまいました。(泣)

前蛹期の最後に一気に6度位、温度を上げたのが良くなかったのかな?
って今となっては思っています。

rokko さん

rokkoさんの大事な虫をパアにしてしまうかもと思うと
夜も眠れません・・・・・。なんて!

でもあまり無理しないでくださいね!
私は行けるところまで行ってみます。

有る程度の考察結果がでるまでは・・・・・・。
ネックなのは、太い蛹で実験をしなければいけないところ
なんですよねー。
頭が痛いっす。(笑)

残念

皆さんどうも

逆森田残念でしたね家も先日試しまして、前蛹から羽化まで28℃~30℃で管理し、パンパン蛹に変身し、顎痩せはあまりせず、63㍉~64㍉で顎幅5.58厚み4.08で羽化しましたが…バッカーンただひっくり返れずに羽化しちゃったのでバッカーンはしょうがないですね(笑)

あと家や鍬友の所での傾向ですが、蛹化するとき22℃程度だと、顎が伸びる?長くなる傾向があり、25℃~のほうがパンパン、短歯系になる傾向が出ました(家はもともと短歯系が多い)
極幼虫とチェックしていたのに、温度管理ミスで蛹化時20℃~22℃になってしまい短歯系統が顎が少し伸び大したことなく、ガックリした事が多々ありますまぁ家での傾向なんであしからず…

また逆森田はチャレンジして報告しにきます。

リウさん

リウさん

毎度です。ご報告ありがとうございます。そうですかリウさんのところでも高温蛹化で顎短めですか?

この固体も30℃たまに32℃までいってました!!
その影響で顎が短くなったのでしょうかね?

私は、短顎が好きなので、これからも高温チャレンジはしますよ。
ただほどほどの温度にしないと駄目でしょうね!

やはり28℃~29℃位ですいかね!
安全かつ顎痩せしにくい温度探しを
これからもご協力お願いします。(笑)

No title

お久です(^^)

やはり良い血統ですね~

厚みがなんとも◎

不全は、残念ですね。

Tさん

お褒めどうもありがとうございます。
太さと同時に不全しやすい血統は、すべて強制排除してきたつもりなのですが、それでも不全は出ますね。
有る程度は仕方ないのですが、
まだまだ絞込みが足りませんね。もっと完成されたラインにしなければ!

今後の飼育のモチベーションになります。
プロフィール

阿古谷の森

Author:阿古谷の森
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。