スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の飼育法 産卵編

今日は、久々に私の飼育法の更新です。

産卵編

私の産卵方法ですが、5日位ペアリングの後(ペアリング法は過去の記事ペアリング編を見てね。)に産卵セットします。

まず小ケースくらいのプラケースにマットを2cmくらい敷きます。
  *私の場合、あまりマットは湿らせすぎないよう気をつけています。

その上に産卵木を1本セットします。
  *私は、西日本○虫社さんの、ハイパーレイシ材S材を、使用しています。埴菌材ですが、皮を8割くらい剥いて使います。

その上に材が、8割くらい隠れる程度にマットをかけます。
  *ここでも、あまりマットがベタベタにならない程度の水分に抑えます。

エサを3つ4つ入れます。
そこにメスを投入します。一応材のの横に置いてあげます。

そして放置(^^)。
と言っても、たまにマットが、からからに乾かないように霧吹きします。

セット後1ヶ月と少しで、割り出しです。この状態で、いつも半分ぐらい卵です。大体22~23頭位回収しています。そして、間髪いれず、同じセットに♀を投入します。
これを大体合計4セット位まで休みなしでいきます。(鬼飼い主です。)

さすがに段々数は減っていきますが、首尾よくいけば60頭から70頭いきます。


私の方法での注意点は
1.マットは湿らせすぎない。これはある程度、産卵木の湿度を♀に意識させて、材にキュウコウさせ易く
する為です。マットの湿り気が多いと、材が目立たなくなので。

2.ハイパーレイシ材 これは、優れものですよ!いままで、普通のホダ木や、カワラ材などをつかっていましたが、とにかく手間無く、よく産みます。まず加水の必要が無くそのまま使えます。
材の質もそこそこ安定しています。柔らかすぎるのはNGです。爪をたてて跡が残る程度がベスト。
そして値段がさほど高くない。S材は3本で1,000円チョット!! まとめて買っておけば、送料入れても1本400円ほどで抑えれます。

3.最長でも1ヶ月半くらいで、次の材へ。
長く入れておくと確実に♀が卵や幼虫を捕食します。
そして、休ませずに次に行きます。休ませても、休ませなくても、70~80位が限度だと思います。
へんに休ませたら、産まなくなってそのシーズンを某に振る事があります。
逆に、どんな仔が出るかわからないので、半分は次のシーズンでと言う方は、2回くらいで止めておいてください。

以上です。あくまで私のやり方で、正解ではありませんので、苦情はなしでね(笑)

PS.産卵数30位で止めてますと、次のシーズンも追いがけなしでも30位産みますよ!
ただし越冬前にはバナナなどいいエサあげてね。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

私のほうが(^_^;

オハヨーございます。
参考に なりますm(_ _)m

私なんか マットを 1センチくらい ひいて 材を 置くだけです。 材は 埋めません。 やはり 材は 埋めた方が 良いのですかね~

私のほうが よっぽど ズサンな管理しております(T_T)
プロフィール

阿古谷の森

Author:阿古谷の森
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。