スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今後の方向性

いつものようにネタもなく放置気味ですが、ここらで何かアップと思い、
もう一度自分の好みを見直して、今後の方向性を考えてみようと思います。

下の画像はSuper Daimajin Genesis です。これをベースに
考えて行きたいと思います。

IMG_0058tori.jpg

一昨年位前から顎幅の表記を明示してきませんでした。
皆さんはこの個体の顎幅をどれぐらいに思うでしょうか?

ちなみに体長はご存知のように70mmを少し切る程度です。

実は6.2mmです。もちろんいろんな測り方があって他の人が測ればまた違う数字になるでしょうが、
そんなたいした数字ではないですよね。

いま巷では、6.2mmなんてごろごろ居てます。えー、これが6mmという個体笑ってしまうような6mm個体も居ます。

でもやはり大事なのは、全体的な印象だと思います。

同じ6.2mmでも顎長の先細りでしたら、見た目も全く貧弱な6.2mmとなります。
反対に、5.8mmでも顎先が太短く、内歯が大きいとインパクトが大きくなります。
今後も数値的なものにとらわれない強烈インパクト作出を目指して行きたいと思います。


やはり今後も
1.顎先まで太いこと
2.内歯は大きいこと
3.短いこと
4.尻が小さいこと
5.大きいこと
6.湾曲していること

以上に重点においていこうと思います。
ギネス狙いの長さ全盛の時代に全く逆行していますね。(笑)

画像の個体で考えると、1から4までは完成しています。

5.の大きさ・・・・やはり75mmは欲しいところですね。
ただし極太のバランスが一番綺麗に見えるのは72mm~74mmです。
これぐらいを目標に行こうかなと思います。

でもこのバランスの80アップつくりたいなあ。何グラムいるんだろう。
おそらく35gくらいきびしい~!!

6.の湾曲・・・もう少し湾曲していてもいいなあと思います。
でも全体的なバランスが崩れるかもしれません。少しだけ顎先が入って欲しいです。

この2点を今年の重点目標として、配合の方向性を考えていこうと思います。
うまく行くか??です。(笑)

ではまた!


PS.
翅の付け根のチョウツガイの部分を見てください。
翅パカ矯正の跡があります。見た目は綺麗に矯正できているようですが、三角形が潰れてしまっています。
おそらく本個体は自力では羽を開けることができなく固まっていると思います。90度くらい開いていた上翅を強引に取れそうなくらい引っ張ってつけた結果です。下翅はその後自然にたたみました。下翅を閉じさせようとすればやはりできる限り、はやい段階でオペする必要がありますが、死なしてしまうリスクも格段にあがります。

今後はチョウツガイを潰さずに矯正するテクを身に付けたいと思っています。
手が4本くらいあればできるのですが・・・・(笑)
スポンサーサイト
プロフィール

阿古谷の森

Author:阿古谷の森
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。