スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の飼育法 幼虫飼育編

久々に更新します。
今回は、 私の飼育法 幼虫飼育編です。

幼虫飼育編

以前私の使用している、菌糸瓶について触れましたが、
今回は全般的に詳しくカキコします。

まず、産卵編で、書いたように、幼虫・卵で取り出した固体を
私の場合は、一旦マットの入ったプリンカップに保管します。

使用しているマットは、発酵済のカロリーマットがベストですが、ない場合は、産卵材であるハイパー霊芝材の、♀の削ったカスと埋め込みマットを混ぜたものを、使用します。
この時、マットはかなり湿り気を多くします。(マットを握ったら団子が崩れないくらい。)

ここに2週間~3週間位保管してます。

特に理由はないのですが、2令中期位で1本目の菌糸瓶に投入したいため。
この間は一切何もしません。乾燥のしすぎには注意してください。

卵の時は、マットの入ったプリンカップの縁に、ピンセットで上から穴を開けて、♀親が、卵を産みつけるときに埋め込んだ、木の削りカスをいれて、その上に卵を入れます。
その時外から観察できるように、プリンカップの縁沿いに入れます。

菌糸瓶に投入します。
以前書きましたように、グローバル大阪製 WISH-A(エノキ培地)1100ccを使用しています。
真ん中に、菌駒打ち込み穴が開いているので、飼育スプーンで少し広げます。
そして、あれば大型の3令幼虫の糞、菌糸カスを軽く一杯分入れます。(28g以上のビックが居れば良)
これは、糞内の巨大幼虫のバクテリアが、初令幼虫に入り込んで、分解・消化吸収を高めると考えているからです。あくまで、私見で科学的根拠はありません。(汗)
そしてその上に2令幼虫を投入します。
温度管理なしで、巨大幼虫を狙うのなら、6月の上旬~8月頭の間に投入することをお奨めします。
この頃は室温は27度くらいから、8月は32度くらいになっています。

よく、菌糸瓶を1~2ヶ月寝かして熟成させてから使う人が居ますけど、私はしません。
1日環境慣らしと、ガス抜きさえすれば即投入します。
丁度幼虫が大きく成長する3令初期に、いい熟成(食べごろ)が迎えられます。


2ヶ月10日~3ヶ月位経つと1本目の交換をします。
わたしは、特に日にちを決めていません。菌糸瓶の食い加減・劣化加減を見て決めます。
大体この頃で、

超エリート♂ 27gアップ
エリート♂ 25gアップ
まずまず♂ 22gアップ
普通♂ 19gアップ
ダメダメ♂14gアップ


を目安で考えています。

そして2本目へ、投入
私は、2本目も全部1100ccに入れています。(貧乏ですので・・・笑)

この時には、必ず菌糸瓶の駒菌打ち込み穴を、かなり大きく穴をあけます。そして、1本目の糞をスプーンに1杯いれます。
このときは思い切って大きく穴を開けてください。直径が100円玉くらい。
なぜなら巨大幼虫はかなりの空洞空間を好みます。小さな穴だと、空洞空間が出来ず居食いが出来ません。




ここで、長くなったので続きは、また次回幼虫後編で紹介します。すみませーん。

あと一言だけ、幼虫飼育は、幼虫を育てると言うよりも菌糸を育てるつもりで、いかに
菌糸を良い状態で、育てていくかだと思います。そうすれば、良い幼虫が育ちます!!

なおここに書いてある事は、私の飼育法であり、正しい飼育法では、ございましぇ~ん(笑)
責任は全く取りませんので、あしからず・・・・・。
おやすみなさい。ZZZZZ・・・・・。
スポンサーサイト

Gアーマー

画像 021
今日は新しいクワネタもないので、そんな時は家の種親が
どんな育ち方をしてきたかを紹介していきたいと思います。

まず今回は、Gアーマー

名前の由来は、ギネスアーマー。
こんなゴツイ形でギネスが狙えれば最高だなと思い、名付けました。(チョット恥ずかしい)


種親♂Super Daimajin ♀同血統48mm

2007年 6月初旬   初令割り出し。当♀1回目の産卵分

     6月13日    初令中期 Wish-A1100cc 1本目投入

     8月20日    24.8g    Wish-A1100cc 2本目投入

    11月13日   34.5g     Wish-A1500cc 3本目投入

2008年 4月15日   31.0g    Wish-A1500cc 4本目投入

2008年6月羽化   80.03mm

この固体は全くの温度管理はしていません。夏場は最高33度くらいになっていました。
最低でも30度はきりませんでした。

逆に冬場は8度とか9度くらいの日がありました。それが、冬場のダイエットになって
無事羽化できた要因かもしれません。(笑)

通常は、1本目は大体3ヶ月位引っ張るのに、この短さで交換したのは、
よっぽど食いが早かったのか、菌が劣化していたのではないでしょうか?
覚えていません。ははっつ(笑)
ただよく言われるように、居喰いをしてあんまり幼虫の姿を外から見ることはありませんでした。
いいうんこのコロニーを作っていました。

正直言ってもう少し大きく羽化すると思いましたが、顎が短く横幅に出てしまいました。
頭幅28.6~28.7mm位あり、本当はもう少し大きい固体だったが、顎が短かくなってしまったのかな??
と思っています。


私の好みのクワチャンについて。

Joker02.jpg
今日は、私の好みの形、理想の形についてカキコします。

いろいろな形のクワガタはいますが、以下のような点に着目して
ブリードしてきました。その結果が今の血統にたどり着いています。
優先順位順に並べていきます。(^^)
いろいろ意見はあるでしょうが・・・。あくまで私の好みの話ですから(笑)

1.顎の先端までが太い。先細り顎はNG
2.顎先の碇型が大きい
3.内歯が大きい。(鋭角ではない。鈍角)
4.全体の肉付がいい。(特に内歯付の肉付は重要)
5.顎湾曲している。
6.短歯である。
7.顎全体の厚みがある。
8.根元が太い。
9.頭幅がある。
10.体表面がキレイ。
11.尻が丸い。
12.大きい。

こんな好みで、より理想に近い固体を作り上げようと努力しています。
つまり、顎先が細い、ストレート長顎で、尻がとがっている固体は基本的にパスですね。

私の勝手な好みTOP12でした・・・・・・(笑)

写真はJoker系で、かなり好みに近いですね。

買っちゃいました。

081021_2153~01
先日、愛用のデジタルスケールが壊れて、予備のものを使用していましたが、

どうもシックリ来ず、新しいスケールを購入しました。

な・なんと小数点以下が、2桁計れる優れもの。ニッシッシ(~v~)v。

って言うか・・・・。幼虫の体重を計るのにここまで精密さがいるか??

クワいじり

きょうは、久々の休みでクワいじりしました。
だいぶ寒くなってきましたが、まだ我が家のブリードルームは26度くらいありました。
まだまだ成虫も活発に動いていました。

また今日は瓶交換をしました。

8月投入のJokerで、25gが複数いました。

秘密の血統(かなり丸太のような顎が親虫)もまずまず、育ってました。
来春良いのがでれば、公開します。(^^)
ショボ固体ばかりでしたら、闇に葬ります。(笑)


RⅡは、1本目20g前後でした。あまり大きい血統ではないので、こんなもんでしょう。
まあ70mmはいきそうです。

G-アーマー兄弟は、さすがにエグイ。1本目で、また28gが居ました。
28gが2頭目で、順調に行けば確実に30gオーバーしてきそうです。
80mmオーバーが皆さんに見せれればいいのですが・・・。



私の飼育法 産卵編

今日は、久々に私の飼育法の更新です。

産卵編

私の産卵方法ですが、5日位ペアリングの後(ペアリング法は過去の記事ペアリング編を見てね。)に産卵セットします。

まず小ケースくらいのプラケースにマットを2cmくらい敷きます。
  *私の場合、あまりマットは湿らせすぎないよう気をつけています。

その上に産卵木を1本セットします。
  *私は、西日本○虫社さんの、ハイパーレイシ材S材を、使用しています。埴菌材ですが、皮を8割くらい剥いて使います。

その上に材が、8割くらい隠れる程度にマットをかけます。
  *ここでも、あまりマットがベタベタにならない程度の水分に抑えます。

エサを3つ4つ入れます。
そこにメスを投入します。一応材のの横に置いてあげます。

そして放置(^^)。
と言っても、たまにマットが、からからに乾かないように霧吹きします。

セット後1ヶ月と少しで、割り出しです。この状態で、いつも半分ぐらい卵です。大体22~23頭位回収しています。そして、間髪いれず、同じセットに♀を投入します。
これを大体合計4セット位まで休みなしでいきます。(鬼飼い主です。)

さすがに段々数は減っていきますが、首尾よくいけば60頭から70頭いきます。


私の方法での注意点は
1.マットは湿らせすぎない。これはある程度、産卵木の湿度を♀に意識させて、材にキュウコウさせ易く
する為です。マットの湿り気が多いと、材が目立たなくなので。

2.ハイパーレイシ材 これは、優れものですよ!いままで、普通のホダ木や、カワラ材などをつかっていましたが、とにかく手間無く、よく産みます。まず加水の必要が無くそのまま使えます。
材の質もそこそこ安定しています。柔らかすぎるのはNGです。爪をたてて跡が残る程度がベスト。
そして値段がさほど高くない。S材は3本で1,000円チョット!! まとめて買っておけば、送料入れても1本400円ほどで抑えれます。

3.最長でも1ヶ月半くらいで、次の材へ。
長く入れておくと確実に♀が卵や幼虫を捕食します。
そして、休ませずに次に行きます。休ませても、休ませなくても、70~80位が限度だと思います。
へんに休ませたら、産まなくなってそのシーズンを某に振る事があります。
逆に、どんな仔が出るかわからないので、半分は次のシーズンでと言う方は、2回くらいで止めておいてください。

以上です。あくまで私のやり方で、正解ではありませんので、苦情はなしでね(笑)

PS.産卵数30位で止めてますと、次のシーズンも追いがけなしでも30位産みますよ!
ただし越冬前にはバナナなどいいエサあげてね。

私の使っている菌糸は・・・・シークレット うそつ

今日は、発送作業をしました。と言っても昨日梱包したものを、集荷してもらい
嫁に出してもらっただけですが。
今までに無いくらい、大量発送となりました。
ご購入いただいた皆様ありがとうございました。

良い個体が出たら、必ず報告してくださいね。
ホムペで紹介させていただくかもです。
良い報告を頂いた時は、この上なく嬉しく満足感に酔いしれる事ができます(^^)

私の使っている菌糸瓶のメーカーを発表しよーかな?
幼虫購入いただいた方は、気になりますよね?

わたしの使用菌糸瓶は、グローバル大阪製
WISH-A1100cc(エノキ培地)


でした。この菌糸瓶はとにかく持ちがいい、大きくなる、安い 私の理想が揃ってます。
特に暑さに強く、私のところの温度管理しないブリードルームの夏場32度に耐えれますから!!
低温時のキノコの発生もないわけではありませんが、少なめです。

わたしは、3本目に、特大の♂のみ1400ccを使います。
と言っても今年は、1100ccでも80mmアップでましたけど・・・・・。
こんな感じです。

ちなみにグローバル大阪の店主様とは、比較的仲はいいですが、一切なにも頂いてませんから(笑)

よかったらご参考に♪

菌糸瓶交換

A02-2.jpg
とある方から、「画像をたくさんアップデートしてください。」とのことでしたので、出来るだけ頑張ります(^^)そのうちすぐ尽きますけど(笑)
画像はJr.A02の内歯画像です。

今日はお休みでしたので、少しだけJokerJr.の菌糸を交換しました。
2令投入2ヶ月10日で、25.8gと、24.3gがいてました。

Jr.A02とかJr.A03は早期羽化で、70mm切りましたけど、決して小型血統では
ありませんね。よかった。^^
問題は75mmを超えても同じプロポーションをキープできるかです。

Superdaimajin G血統
画像忘れてました(爆)

種付けについて

嬉しいことに、種付けのコーナーへの問いあわせも何件かいただいております。(^^)

G-アーマーは、まだ6月羽化で、熟成途中で来春以降の開始になる見込みです。

Joker、RⅡは、種付け可能です。現在26度にて管理で、餌も食べているので大丈夫とは
思いますが、♀の輸送中に温度が下がり、越冬準備態勢に入ってしまったらと考え躊躇
している次第です。
こんな状況ご希望の方がございましたら、種付けいたしますのでホムペよりご連絡ください。

画像のご希望もありましたので、ひとつ。
私が、もっとも愛するG-アーマーです。

頭幅は、脅威の28.5mmオーバー。
某ショップ店長に見せたら、ただただ笑ってました。自信作です。(^^)V

今日は仕事後に菌糸瓶の交換をしました。Joker jr.がいい具合に育っています。1本目25gオーバーーもいてました。
ちょっと前に代えたGーアーマーは、1本目2ヶ月ちょっとで、28gあったのが居ました。
順調にいけば80mm超えれるかも・・。^^

今のアーマー80mmアップは、1本目たしか25g位、最終34g。
それを考えると期待できそー。
80mm極が続出が、私の目標です。^^

しかし上には上が、先日クワ友は、1本目29g出現!!
オースゲー。

さあ寝よっと・・・・・。
モスラの夢みるかも(笑)

ぼちぼち 飼育日誌ということで、私の飼育法を!!

空いている時間を利用して、私阿古谷の森の飼育法をアップしていきたいと思います。
と言っても、不定期で気が向いたときにしかカキコしません。(^^)

まずは、ペアリング編

うちでは、セオリー通り3ヶ月以降エサの食べ方を見てペアリングを始めます。
ペアリングは小ケースで行います。大きいケースだと交尾効率が下がります。
ミニケースだと、なわばりを侵害するのか、両方の気性が荒くなります。
小ケース位が丁度良い大きさです。

まず♂・♀一緒にする前に♀の上に90度の角度で♂を置きます。
♂に♀を愛撫させまくってください。人間で言う前戯ですかね。(笑)
こうする事により、同種の♀と言う事を認識して、挟み殺しがなくなります。

マットは1.5cm位にします。
深すぎると♀が潜ってしまい、交尾しにくくなります。

ケースに木皮など、♀が隠れるものを入れます。
万一、相性が悪くてもお互い隠れ家があれば上手くいくときがあります。
上記の縄張りポリシーと関係がると思います。

ゼリーを入れて24度以上で、4~5日放置プレイ
餌木など入れていたら、♀がそこにも産卵使用とすることもあるのでいれないで!!

うちのペアリングはこんな感じでやっています。
次は産卵編をアップします。
いつになるかは、秘密(笑)。^^

大感謝!!

昨日ホムペを立ち上げたばかりで、わからないことだらけで悪戦苦闘しております。
そんな中で、販売コーナーに予想に反して沢山のお問い合わせがあり。ビックリしております。
お問い合わせいただいた方ありがとうございます。
これからも出来るだけ良い個体をだせるように頑張っていきます(^^)v

初開設

新しくブログを立ち上げました。ここでは、私の愛虫大魔神血統の飼育日誌を書いていきたいと思います。
しかし使い方がさっぱりわからない画像 027
今日撮りのJoker Jr.A02
プロフィール

阿古谷の森

Author:阿古谷の森
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。